threesome

レズビアンコラム

【当事者が語る】バイセクシャルとは?わかりやすく解説します

どうも、ビアンアプリ研究部です。

社会一般的には、「異性を好きになること」が一般的ですよね。

人間の身体的性は「男性」と「女性」に大まかに分けられますが、あなたはこのどちらの性からも魅力を感じたりすることはないでしょうか?

もしも、

あるかもしれない・・・

と思われたなら、多少なりとも「バイセクシャル」である可能性があります。

とはいえ、バイセクシャルについてよくわからないという方も少なくありませんよね。

ゆう部長

今回の記事では、「バイセクシャルとは何なのか?」ということを詳しく解説していきます。

ストレートの性的指向であれば、互いに異性同士に魅力を感じますが、バイセクシャルの方々はその枠にとらわれない魅力を持っているのです。

一体、バイセクシャルとはどんな性なのか?

記事を最後まで読んで参考にしてみてください。

バイセクシャルとはLGBTQの一つ

バイセクシャルとはセクシャルマイノリティである「LGBTQ」の1つです。

セクシャルマイノリティとは、「性的少数者」のこと。

セクシャルマイノリティは、大きくLGBTQに分けられますが、それぞれどんな人の事を指すのか?簡単にまとめてみました。

L レズビアン性自認は「女性」
性的指向は女性に向いている
G ゲイ性自認は「男性」
性的指向は男性に向いている
B バイセクシャル性的指向が男性にも女性にも向いている人
T トランスジェンダー身体的な性と、性自認が一致していない人
一致していないことに、違和感がある人
Q クエスチョニング性自認も性的指向もはっきりとしていない人
性別にとらわれない生き方をしている

Lは「レズビアン」の頭文字です。レズビアンとは簡単に言うと「女性の事を好きになる女性」という認識ですね。

次にGは「ゲイ」の頭文字です。ゲイは男性の事を好きになる男性の事。

そしてBは「バイセクシャル」の頭文字です。

バイセクシャルには「性自認が男性」、「性自認が女性」どちらもいますが、それぞれ同性も異性も好きになります。

ゆう部長

つまり、男性的な魅力も感じるし女性的な魅力も感じる人の事です

それからTは「トランスジェンダー」の頭文字。

トランスジェンダーは自分が認識している性別と、体に違和感がある人の事を言います。

最後にQは「クエスチョニング」の頭文字です。

クエスチョニング人は、「性別」という価値観にとらわれずに生きている人の事を言います。

セクシュアルマイノリティの4つの要素

セクシャルマイノリティは「自分の性に違和感がある人の事」ですが、主に4つの要素が使われます。

分かりやすいように表にしてみたので、見ていきましょう。

身体的性体の構造上の性別
性自認自分の事を男性と思っているのか、女性と思っているのか、という認識の事
性的指向自分は男性、女性のどちらの性に惹かれるのか、ということ
性表現自分のありたい性をどのように表現するのか、ということ。ファッションやメイクなど

まず、「身体的性」です。

自分が認識している性別と、体の特徴が異なっていた場合、セクマイの方は非常に強い違和感があるはずです。

次に「性自認」です。これは、自分を男性と感じているか?女性と感じているか?ということ。

ゆう部長

性自認と身体的性が一致しないと、セクシャルマイノリティに該当します。

それから「性的指向」です。性的指向とは、自分が男性を好きなのか?女性を好きなのか?ということ。

ストレートの方は互いに異性を好きになるはずなので、ここで「同性も好き」と思われる方は、セクマイである可能性が高まります。

最後に「性表現」です。性表現は自分を男らしく見せたいのか?女らしく見せたいのか?ということ。

身体的性が女性なのに「男性らしく生きたい」という方も非常に多いです。

そういう価値観を持たれている方は、セクシャルマイノリティである可能性が高くなります。

バイセクシャルの定義

前述したセクシャルマイノリティの定義に当てはめて、バイセクシャルを見てみるとどうなるのか?

ちょっとあいまいな部分もありますが、具体的に表にまとめてみたので見ておきましょう。

身体的性人によって自由
性自認人によって自由
性的指向男性の魅力も感じるし、女性の魅力も感じる
性表現人によって自由

バイセクシャルの方は、身体的な性が「男性の方も」「女性の方も」いらっしゃいます。

なので、男性でも女性でもバイセクシャルになる可能性はあるということですね。

また、性自認も特に決まってはいません。

ストレートの方のように、自分の身体的性と性自認が同じ方もいれば、体は男性だけれど心は女性だという方もいらっしゃいます。

大きなポイントは「性的指向」です。

ゆう部長

バイセクシャルは、自分と同じ性の方にも恋愛感情を持ちますし、異性の方にも恋愛感情を持ちます。

男性だから女性を好きになるというわけではなく、身体的性や性自認が男性でも、男性も好きになるし女性も好きになるのです。

間違えてはいけないのは、「好きになるのは誰でもいい」という価値観ではなく、「男性の魅力も分かるし、女性の魅力も分かる」というのがバイセクシャルの人の感覚。

性別を超えて、人間の魅力に気が付きやすい人ばかりなのです。

そして、バイセクシャルは性表現はかなり自由です。

ストレートの人のように、身体的性と同じ性表現をしている方も多くいます。

もしかして、自分ってバイセクシャル?

セクシャルマイノリティの感覚については、自分で気が付きにくいことも多いです。

ひょっとすると、あなたが以下のようなことを感じたことがあった場合、バイセクシャルの可能性があるかもしれません。

・異性だけでなく同性にもドキドキした
・友達に恋人ができるとモヤモヤする
・同性に告白された
・男らしさも女らしさも素敵だと思う
・恋愛するのに男も女も関係ないと思う

ポイントとしては、「男らしさも魅力的に感じられるか、女らしさも魅力的に感じられるか?」というところです。

バイセクシャルは、異性とも普通に恋愛をしますし、同性とも普通に恋愛をします。

誰でも好きになるのではなく、「男性らしさも女性らしさも魅力に感じてしまう人」なのです。

だから、同性の友人に恋人が出来た時にモヤモヤとした感情を持ったりすることもあります。

ゆう部長

レズビアンやゲイとは違い、異性の魅力も感じやすい人だというところが重要ですね。

芸能人にもバイセクシャルであることを公表している人は沢山いますので、ぜひ探してみてください。

セクシャリティは自分で決めていい

人間の身体的性は、男性と女性に大きく分けられているので、どうしても「男性の体をしているので男性らしく生きなければ」とか

「女性の体をしているので、女性らしくいきなければ」と思ってしまいがちです。

しかし、その価値観は段々と変化していると言えるでしょう。

以前は、LGBTQという概念は社会的にほぼ認めてもらえませんでした。

ここ数年で、自らをLGBTQだと主張する人も増え始め、自分のセクシャリティは自分で決めてもいい社会に変わりつつあります。

ゆう部長

体と心に違和感があるのに、無理してその性別にこだわる必要はないと言う事ですね!

もし、あなたも体や心に違和感があるのであれば、もう少し自分に正直に生きてもいいのかもしれません。

新しい世界にチャレンジしてみてもいいかも?

というわけで、今回はLGBTQの一つであるバイセクシャルについて詳しく解説してきました。

バイセクシャルの方は多様な価値観を持っていて、非常に魅力の高い方ばかりです。

あなたももっと自由に人を好きになって、今後の人生を謳歌してみてはいかがでしょうか?

異性だけでなく同性のパートナーとも出会いたいのであれば、以下での記事で同性同士が出会えるアプリを紹介しています。

app5_webtop

レズビアンアプリ

【優良】レズビアンの出会いアプリ5選を当事者がご紹介します!

2022/12/4    

どうも、ビアンアプリ研究部です。 夏が近付いてくるにつれ、彼女が欲しいと思うレズビアン女性も増えてくるのではないでしょうか。 とはいえ、 という方や、「仕事が忙しくてなかなか新宿2丁目など出会いの場に ...

出会いやすいアプリばかりなので、是非この記事も読んで今後の参考にしてみてください。

-レズビアンコラム
-